山の妖怪の種類

山の妖怪の種類記事一覧

鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「木魅(こだま)」<妖怪ステータス>表記・呼称木霊、木魂、木魅(こだま)簡易解説100年以上の年輪を重ねた樹木に宿る精霊。切ったり焼いたりすれば不幸が降りかかるが、供物を捧げるなどすれば恩恵を与える。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性神通力伝承地全国出現場所山 水 里 屋敷記録資料『古事記』、『和名類聚抄』、『源氏...

勝川春章・勝川春英画『怪談百鬼図会』より<妖怪ステータス>表記・呼称ダイダラボッチ(大太法師),ダイダラボウ(大太郎坊),デーランボウ,レイラボッチ簡易解説山や湖沼を作り出した巨大な妖怪。各地に様々な伝承があるが、巨人信仰から生まれたといわれる。危険性★★★★★★★★★★容姿タイプ人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性怪力、巨体伝承地長野県,茨城県,愛知県など出現場所山 水 ...

月岡芳年画『美勇水滸傳』より<妖怪ステータス>表記・呼称天狗(てんぐ),外法様(げほうさま)簡易解説山に棲む妖怪。日本三大妖怪の一角。妖怪として恐れられる存在でもあり、山の神として敬われる存在でもある。危険度★★★★★★★★★★容姿タイプ人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性神通力,呪術,飛翔,神隠し,天狗火など伝承地山形県,神奈川県,群馬県など出現場所山 水 里 屋敷記録資...

北尾政美画『夭怪着到牒』より<妖怪ステータス>表記・呼称一つ目小僧(ひとつめこぞう)簡易解説額の真ん中に目が一つある坊主頭の子供の姿をした妖怪。山の神が落ちぶれた姿だといわれている。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性驚かす伝承地出現場所山 水 里 屋敷記録資料会津怪談集、百怪図巻、化物づくし、化物絵巻登場創作物一つ目小僧の詳細容姿正体・生まれ...

月岡芳年画『日本略史 素戔嗚尊』より<妖怪ステータス>表記・呼称八岐大蛇(ヤマタノオロチ)簡易解説八岐大蛇は巨大な蛇の妖怪。人を喰う妖怪として恐れられてもいるが、山神または水神でもあり、八岐大蛇を祀る民間信仰もある。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性人食い,洪水伝承地島根県、長野県出現場所山 水 里 屋敷記録資料日本書紀、古事記、古事記伝、日...

佐脇嵩之画『百怪図巻』より<妖怪ステータス>表記・呼称山童(やまわろ)、やまんもん、やまんと、やまんわっかし(山の若い衆)、やまんおじやん(山の伯父やん)簡易解説山に生息する、一つ目で全身毛に覆われている子供のような姿の妖怪。山仕事を妨害するといわれる。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性悪戯,天狗倒しに類する怪異伝承地福岡県,熊本県,山口県出...

佐脇嵩之画『百怪図巻』より<妖怪ステータス>表記・呼称山姥(やまうば、やまんば),鬼婆(おにばば),鬼女(きじょ)簡易解説山姥(やまんば)は、山に棲むといわれる老婆の姿をした妖怪。山道で出会った者を食べてしまうといわれる。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性―伝承地高知県,宮崎県,静岡県,長野県出現場所山 水 里 屋敷記録資料遠野物語、今昔物語...

『絵本集艸』より<妖怪ステータス>表記・呼称山爺(やまじじい)、山父(やまちち)簡易解説山に棲む老爺の姿をした妖怪。動物の骨を大根のように噛み砕き、人の鼓膜を破るほどの大声を発することができる。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性頑強な歯,大声,心を読む伝承地高知県をはじめとする四国地方出現場所山 水 里 屋敷記録資料近世土佐妖怪資料、土佐お化...

『古今百物語評判』より「油盗人」<妖怪ステータス>表記・呼称油坊(あぶらぼう)、油盗人(あぶらぬすっと)簡易解説怪火の妖怪。昔、貴重な油を盗んで罰せられた比叡山の亡霊。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性不明伝承地滋賀県、京都府出現場所山 水 里 屋敷記録資料『諸国里人談』、『古今百物語評判』登場創作物油坊(あぶらぼう)の詳細伝承正体・生まれ似...

鳥山石燕『今昔百鬼拾遺』より「小雨坊」<妖怪ステータス>表記・呼称小雨坊(こさめぼう)簡易解説修験道の霊地で物乞いをする妖怪。雨の夜に現れ旅人から食糧や小銭をねだる。危険度不明容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性物乞い伝承地奈良県出現場所山 水 里 屋敷記録資料『今昔百鬼拾遺』登場創作物『剣客商売』第二シリーズ11話「妖怪小雨坊」小雨坊(こさめぼう)の詳細小雨坊(こさめ...

<妖怪ステータス>表記・呼称タテクリカエシ、テンコロコロバシ簡易解説目・鼻・手足がない、餅をつく手杵(てぎね)のような形をした妖怪。坂道を転がり人にぶつかり転倒させる。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性転がる伝承地高知県幡多郡出現場所山 水 里 屋敷記録資料登場創作物タテクリカエシの詳細伝承名前の由来正体・生まれ似た妖怪伝承タテクリカエシは、...

河鍋暁斎・画『手長足長図』より<妖怪ステータス>表記・呼称手長足長(てながあしなが)簡易解説手足が異常に長い妖怪。その長い手足を山から伸ばし、米を盗んだり、人をさらって食べたりと、大変な悪事を働く。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性長い手足伝承地秋田県、山形県、福島県、長野県、福井県など出現場所山 水 里 屋敷記録資料浅草奥山生人形(歌川国芳...

佐脇嵩之『百怪図巻』より「山びこ」<妖怪ステータス>表記・呼称山彦(やまびこ)簡易解説山の妖怪・神・精霊。向こうの山へ大声で叫ぶと、山彦が発した声と同じ声を返してくる。危険度★★★★★★★★★★容姿伝承により様々能力・特性声真似伝承地鳥取県、高知県、長野県出現場所山 水 里 屋敷記録資料『画図百鬼夜行』登場創作物ゲゲゲの鬼太郎、悪魔くん、仮面ライダー響鬼山彦(やまびこ)の詳細伝承容姿名前の由来正体...

<妖怪ステータス>表記・呼称子泣き爺、児泣き爺、児啼爺(こなきじじい)、ごぎゃ泣き(ごぎゃなき)簡易解説老人の姿なのに、夜道で赤ん坊の声をあげる妖怪。声を聞き気にかけた通行人に危害を加える。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性赤子の声真似、赤子に化ける、重くなる伝承地徳島県出現場所山 水 里 屋敷記録資料妖怪談義(柳田國男)登場創作物ゲゲゲの鬼...

和漢三才図会より「猩猩 」<妖怪ステータス>表記・呼称猩々(しょうじょう)簡易解説顔は人間、体は獣の人語を解する化け物。酒が好きで、酒樽一個飲み干すという。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性大酒飲み、丈夫な体伝承地山梨県、岩手県、和歌山県、愛知県出現場所山 水 里 屋敷記録資料登場創作物もののけ姫、妖怪大戦争2005年版猩々(しょうじょう)の...

鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「鼬」<妖怪ステータス>表記・呼称鼬(イタチ、テン)、簡易解説妖怪視される動物の一種。群れは凶事の前兆。キツネやタヌキより化けるのが上手い。危険度★★★★★★★★★★容姿人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型能力・特性心を読む、変化伝承地新潟県、三重県、福島県出現場所山 水 里 屋敷記録資料『和漢三才図会』登場創作物ぬらりひょんの孫鼬(イタチ)の詳細動物とし...

トップへ戻る