川天狗(かわてんぐ)とはどんな妖怪?

川天狗(かわてんぐ)とはどんな妖怪?

川天狗(かわてんぐ)とはどんな妖怪?

<妖怪ステータス>

表記・呼称 川天狗(かわてんぐ)
簡易解説 天狗に嫁入りした女の妖怪。天気の悪い日に現れ、幻聴や幻覚で人をたぶらかすという。
危険度 ★★★★★★★★★★
容姿 人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型
能力・特性 幻聴、幻覚
伝承地 東京、埼玉、神奈川、山梨など
出現場所  水 里 屋敷
記録資料 『北斎漫画』、
登場創作物 妖怪百姫たん!

 

 

川天狗(かわてんぐ)の詳細

川天狗は天狗に嫁入りした女の妖怪です。天狗の中でも川など水辺の近くを好み、天気の悪い日に傘を差し、綺麗な着物を着て現われます。比較的危険な部類の妖怪で、

 

  • 幻の橋を作り出し、そこを渡ろうとした人を崖から落とす。
  • 谷下から激流の音を聞かせ、谷をのぞき込んだところを突き落とす。

 

など、幻覚や幻聴で人をたぶらかすと伝えられています。天狗の嫁だけあってこういった特殊能力には秀でているのですね。もうちょっと良いことに使って欲しいものですが・・・。

 

■火の玉を作る
また神奈川県では、夜に川で漁をしていると、大量の火の玉や松明の火が現われるという言い伝えがあり、これは川天狗の仕業であると考えられています。この怪火は、河原の石の上を洗い清め、獲れた魚を供えることで消えるそうです。

トップへ戻る