妖怪の歴史

妖怪の歴史記事一覧

妖怪の歴史は書物で確認できる限りは奈良時代にまで遡ることができます。この時代の書物には、神が零落して妖怪となったり、妖怪が祀られるようになり神となったり、ある地域では神でも他の地域では妖怪とされたり、といった話が多く、見受けられ、神と妖怪が表裏一体の存在とされる理由がよくわかります。奈良時代に刊行された妖怪の資料日本書紀 登場する妖怪:ヤマタノオロチ(日本書紀での表記は「八岐大蛇」)、鬼、天狗、人...

平安時代の伝承には鬼が頻繁に登場します。そして大体が怨霊の化身だったり、人食いだったり、とりわけ人に害をなす恐ろしい存在として描かれています。百鬼夜行という都の夜を歩く化物行列が登場するのもこの時代です。平安時代というとなんとなく上品で優雅なイメージがあるかもしれませんが、実際は鬼や妖怪が跋扈する恐ろしい時代だったのです。平安時代に刊行された妖怪の資料今昔物語集登場する妖怪:天狗、鬼平安時代を代表...

中世(鎌倉時代〜室町時代)には妖怪の絵巻物が多数刊行されました。それまで文章でしか表現されなかった妖怪の姿が、絵で表現されるようになったのです。物語に絵が付加されることにより、「妖怪」に対する人々の認識がより具体的なものになっていきました。鎌倉時代に刊行された妖怪の資料大江山絵詞登場する妖怪:酒呑童子大江山絵詞は、大江山に住む鬼の頭目「酒呑童子」が登場する最古の書物とされています。この妖怪は都に出...

百鬼夜行図のように、様々な妖怪が跋扈する様子が描かれる絵巻は、室町時代に登場し以降多くの作品が世にでることになります。室町時代に刊行された妖怪の資料百鬼夜行図登場する妖怪:百鬼夜行百鬼夜行図は、妖怪たちが行列をなす「百鬼夜行」を描いた絵巻物です。百鬼夜行が何をしているのかを示す具体的な記述がないのですが、この絵巻物で描かれる百鬼夜行は、今昔物語で鬼と異形の妖怪が練り歩く百鬼夜行とは別物と考えられて...

江戸時代には多数の妖怪画絵巻が刊行されることになります。中世の作品では、妖怪は人に害をなす「脅威の象徴」として描かれることが多かったのに対し、江戸時代以降の作品では、面白おかしい、親しみのある「キャラクター」として描かれることが多くなり、妖怪に対する見方の変化が見て取れます。妖怪に対する恐怖心、関心が薄れる代わりに、幽霊・怨霊を扱う話が多くなりました。自然の脅威「妖怪」よりも、人間の業や執念、嫉妬...

明治時代の大きな変化といえば、明治維新後推し進められた欧化政策で、西洋の著作が多数流入したことにより、日本の妖怪の物語に、西洋の物語のイメージを重ねた作品が増えたことが挙げられるでしょう。例えば三遊亭圓朝による古典落語の演目に「死神」がありますが、これは日本のオリジナルではなく、イタリア歌劇「靴直クリスピノ」、グリム童話「死神の名付け親」などの話を脚色したものと考えられています。(日本オリジナルの...

現代になって河童や天狗、鬼や狸といった古くから伝承に登場してきた妖怪について語られることは少なくなりました。妖怪の住処たる山・川・森などが、住宅地化、開発されたりしてしまって、その存在が人々の暮らしから遠ざかってしまったことが背景にあると考えられます。また人々が妖怪に対し持つイメージも、「恐怖の象徴」よりも、滑稽でポップで親近感のある「キャラクター」という面が強くなっています。昔は不思議に思われて...

トップへ戻る