川姫(かわひめ)とはどんな妖怪?

川姫(かわひめ)とはどんな妖怪?

川姫(かわひめ)とはどんな妖怪?

<妖怪ステータス>

表記・呼称 川姫(かわひめ)
簡易解説 川など水辺に現われる女の妖怪。その美貌で若者を惑わし、精気を抜いてしまう。
危険度 ★★★★★★★★★★
容姿 人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型
能力・特性 精気を吸う。
伝承地 高知県高岡郡、福岡県築上郡、大分県中津地方
出現場所  水 里 屋敷
記録資料
登場創作物 妖怪川姫みずさ、ねこむすめ道草日記

 

 

川姫(かわひめ)の詳細

川姫は福岡県に伝わる、水辺に現われ若者を惑わすとされる美女の妖怪です。水車の陰からふと姿を現すとか、水の上から飛び上がって橋の上に立つとか、川上から水面を飛ぶように歩いてくるとか、伝承は地域によって違います。

 

■福島県の伝承
若者が水車小屋に集まっていると、突然水車が回りだし、水車の陰を見てみると川姫がいるのです。川姫はとても美しく、まともに見てしまえば心奪われ精気を抜かれてしまうといわれています。川姫が現われたときは、すぐ下をむいて息を殺しているとやりすごせるのだそうです。

 

■高知県の伝承
雨の夜、男が友人を訪ねて谷道を歩いていたところ、水際で糸枠をまく怪しい女に出会いました。男は不審に思い、凄んでみせましたが、女は不気味に笑いかけるだけです。男はその女を妖怪と確信し、刀を抜き糸枠を斬ったところ、女は笑いながら川に飛び込み逃げていきました。友人宅でこの話をしたところ、糸を切ったら刀の切れ味が落ちると言われ、別の刀を借りました。そして帰り道また怪しい女が現われ、「糸切り刀では私は切れません」といいましたが、男はかまわず友人から借りた刀を抜き、女を斬って退治したそうです。

 

川や水車など水辺の近くで怪しげな美女をみかけたら注意したほうがいいですね。ただ高知県の男はやりすぎだと思います・・・。何もいきなり斬らなくても・・・。

トップへ戻る