妖怪・釣瓶落とし(つるべおとし)の身の毛もよだつ伝承

妖怪・釣瓶落とし(つるべおとし)の身の毛もよだつ伝承

妖怪・釣瓶落とし(つるべおとし)の身の毛もよだつ伝承

妖怪・釣瓶落とし(つるべおとし)の身の毛もよだつ伝承
『古今百物語評判』より「西岡の釣瓶おろし」

 

<妖怪ステータス>

表記・呼称 釣瓶落とし(つるべおとし)、釣瓶下ろし(つるべおろし)
簡易解説 首だけ妖怪。木の下を通ると急に落ちてきて、人間を襲ったり食べたりする。
危険度 ★★★★★★★★★★
容姿 人間型 動物型 植物型 器物型 建造物型 自然物型
能力・特性
伝承地 京都府、滋賀県、岐阜県、愛知県、和歌山県など
出現場所 山 水 里 屋敷
記録資料 『口丹波口碑集』、『古今百物語評判』、『画図百鬼夜行』
登場創作物 ゲゲゲの鬼太郎、妖怪の飼育員さん、平成狸合戦ぽんぽこ、千と千尋の神隠し、地獄先生ぬ〜べ

 

釣瓶落とし(つるべおとし)の詳細

 

 

伝承

釣瓶落とし(つるべおとし)は巨大な生首のような姿で伝えられる妖怪です。大木の梢などに潜み、下を人が通ると突然落ちてきて、驚かせたり、食べてしまうといわれます。

 

■京都の伝承
京都府曽我部村の、ある古いカヤの木の下を通ろうとすると、急に釣瓶落とし(つるべおとし)が落ちてきて、ゲラゲラ笑いながら「夜なべすんだか、釣瓶下ろそか、ギイギイ」と言って再び上がっていったという話が伝えられています。

 

また同じ村の別の場所、ある古い松の木の下を通ろうとすると、上から首が下りてきて、こちらの場合驚かすだけでなく、引っ張り上げられ食べられてしまうといわれています。お腹いっぱいになればしばらくは出てきませんが、数日してお腹を空かせたら再び出てきて人を喰らいだすそうです。そして食べられた人の首だけが上からいくつも落ちてくる…という身の毛もよだつ話が伝えられています。

 

■岐阜県の伝承
現在の揖斐川町にあたる、岐阜県久瀬村では、日中でも薄暗い場所の大木の上に「釣瓶下ろし」がいて、釣瓶を落としてくると伝えられています。

 

名前の由来

木の上から落ちてくる様が、井戸の水を汲むのに使う「撥釣瓶(はねつるべ)」という装置の動きに似ていることから、この名がつけられました。

 

似た妖怪

釣瓶落としと似た妖怪に「釣瓶火(つるべび)」という妖怪がいます。同じく樹上から姿を現しますが、生首ではなく火の玉の姿で、火の中に人や獣の姿が浮かび上がることもあるといいます。

 

妖怪・釣瓶落とし(つるべおとし)の身の毛もよだつ伝承鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「釣瓶火」

トップへ戻る